FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ものべの-happy end- 感想


Baidu IME_2013-11-28_20-11-13
Baidu IME_2013-11-28_20-11-25

どーも、なぉです。

ヾ(〃゚ω゚)ノコンプ☆完了

アフターのあらすじはネタバレが含まれているので
追記に記載しておきます。
今回の記事、非常に長いです。

あらすじ
いつまでも、このままで――
「ここがものべの !? なーんにも無いねぇ」
高知の山深い寒村・茂伸(ものべの)村へと六年ぶりに帰省した
主人公・沢井透と、ふるさとのことをすっかり忘れてしまったらしい妹・夏葉。

都会はおろか、他の人里からさえ隔絶された古びた空気の中
家守妖怪 “あかしゃぐま”の すみ、幼なじみの ありす、傘妖の 飛車角――
懐かしい面々との再会は、錆び付いていた記憶の時計を動かし始める。

大掃除、山遊び、水普請、畑仕事、牛鬼の来訪……
少しも変わらぬ茂伸の暮らしを重ねるうち
、やがて村に伝わる土着信仰 “ひめみや流” の夏祭りの夜が訪れる。

夜行市に賑わう境内に響く触太鼓は
祭りのクライマックス “面舞い” の始まりを告げるもの。
ちぐらとヒトカタとに守られた舞台に浮かび上がるは
七面頬(ナナツラオ)なる大妖と人間たちとが織りなす歴史。

その舞の最中、夏葉は突然倒れてしまう。
「おにいちゃん……夏葉……体がヘンだよう」
一晩にして十センチ以上伸びた身長、体型の変化
下腹部からの初めての出血。
夏葉の身体を襲ったものは、まぎれもない異常成長だった。
(このまま、異常成長が続いてしまえば…… 夏葉の命は!)
果たして原因は病か祟りか――
焦燥の中、すみとありすとの力を借りて
透は夏葉を救うための手掛かりを探し始める。

軽くキャラ紹介していきます!
夏葉…妹、ものべのに帰るのを嫌がっているようだが…
すみ…主人公宅の家守、ツンデレだけど献身的、ロリお姉さん風味
ありす…幼馴染、比較的大人っぽい
飛車角…かさの妖怪、意外と頼れるおじいちゃん
ひめみや…ものべののトップ的存在
数が多いのでげっちゅ屋さんを参考にしてください。(クリックで開きます)

共通概要
シーンで区切られているのでシーンごとに改行いれます(全11シーン+Hシーン*4)

昔に住んでた土地ものべのに夏葉(なつは)と帰省
ものべのに着くとすみとありすがお出迎え
すみのさしていた傘は飛車角さんという妖怪でした
少し立ち話をしてから街を回ることに

買い物途中すみの正体が判明!
あかしゃぐまという家に幸運をもたらす妖怪らしいです
ものべのという土地は妖怪と人が共存する地域
でも最近妖怪の数が減ってきているようです
ありすのお父さんの車で実家に到着!

ありす宅でちょっとしたパーティー
ありすのお母さんの菜穂子さん美人すぎる…
こういい感じの人妻オーラが…( ゚∀゚)・∵. グハッ!!
家に帰りお風呂に入るとすみが背中を流してくれました
(すみHシーン・お風呂追加)

ひめみや様に会いにいこう
でもその神社までには通称ご苦労階段
596段の階段を…
ひめみや様に会い、もうすぐ祭りがあることを知る
家に帰る前に両親の墓参り

夏葉「山遊びしよー!」
きのこは危険…まじで
山遊びの際はお気を付けください
飛車角グライダーすげぇ!
(夏葉Hシーン・山でおしっこ追加)

すみ「そろそろ、家の仕事もしてもらわねばならん」
ということで大掃除開始!
畑にある井戸を放置しすぎて水が赤い…
ありすと一緒にタンクを掃除しに行く主人公
不意打ちでありすとキス
昔にも同じようなことがあったようです
(ありすHシーン・お医者さんごっこ追加)

みんなで家族の団欒
その日の夜、牛鬼のとおこ姉さん登場。美しい…
どうやら主人公の先祖に命を助けてもらったようで
その時から交流が続いてるらしいです
(とおこHシーン・とおこにお願い追加)

ひめみや流の人たちと交流しながら
もうすぐある祭りの準備

いざお祭りへ!
みんなの浴衣姿かわいいんじゃぁ~
ありすとすみの言い合いがなかなか激しい
その隙に夏葉が一歩リード!
締めに舞神楽
その途中に夏葉が体調を崩します
すぐに診療所へ移動するも特に異常もなく
夏葉も元気に

夏葉の体調も特に問題なさそうなので
みんなで川遊びへ
水着姿かわいいんじゃぁ~
滝を見に行くと
またも夏葉に異常が…
その夜、夏葉は急に大人になってしまいました
外見も、体の中身も…

次の日の朝、何故か元の少女に戻っている夏葉
この症状になにか心当たりのありそうな飛車角
とりあえず診療所へ。
原因がわからないので主人公の通っている
大学病院で検査をしようと決めました
と、思った瞬間大規模な土砂崩れが発生
唯一の国道が埋もれてしまいました
もちろん主人公たちは帰れるはずもなく…

夏葉の症状は時喰みという現象だと
飛車角とすみは予想しました
でも、ありすは病気かもしれないから帰るべき、と
話し合いの途中で夏葉がまたも異常成長をおこします
ここで選択肢すみ、ありす、どちらの意見に賛成するか
賛成したほうのルートに入ります

簡易評価表やまとめ、評価点は続きを読むをクリック!


全体まとめ
全編を通して飛車角が男前すぎます。惚れる

さすがロリゲーとも言うべき作品ですね
ひたすらロリロリロリロリ…ごちそうさまでした
何が良かったかというと目とか口とかよく動くんですよね
それがあったから世界に入りやすかったのかなぁ…
あ、あと服のバリエーションも多かったですね

すみアフターが尋常じゃなく泣けます。
一番力入ってたんじゃないでしょうかね
現段階で最高得点を叩き出しました
前作だけでも今作だけでも評価は高そうですが
両方を合わせて完全版!
評価点
97点
あらすじ
●すみ After Story 「むこうの」

ちぐらの中に住まわせることで肉体的に
大陸より招請した大妖・獏が見せる夢により
精神的に老化してしまった夏葉が
安定と眠りとの中にまどろむようになってから七年間が経過した。

その間、必死の博師修行に勤しみ続けた透と
常に透を支え続けてきたすみとの間には
愛娘・えみが誕生していた。
夏葉の時を戻せる可能性――
七面頬の力を頼るためにその修行場所を探すうちに
えみの目が特殊な力を持っていることに気付く。

半人半妖であるえみの瞳には
人にも妖にも映し出すことが出来ない
“見えず触れず”
で重なり合っている人の茂伸と
人とは暮らせぬ妖の住まう茂伸との
そのふたつの世界を繋ぐ “穴” が映し出されるのだ。
一縷の望みを託し “むこうの”の世界へと向かう透たち。
そこで出会う刑部狸をはじめとしたたくさんの妖怪たち。
一時は協力を得られそうな友好ムードが漂うも
それを飛車角の 「たぬき汁」 発言が一気に粉砕してしまう。

命からがら “むこうの” の大土地を抜け出した透は
飛車角の老化を痛感。

飛車角に頼れない状況の中、ひめみやに七面を借り受け
とおこ たち協力者や すみ・えみ と共に、再び “むこうの” へと踏み込んでいく。

●ありす After Story 「ありすとご開祖ちゃんとの日々」

茂伸から、ひめみや様の手から逃げ出し
ありすと夏葉と始めた犀玉での暮らし。

しかし、夏葉は眠り込んだまま目覚めてくれない。
さらに追手の存在を恐れた透は身動きが取れなくなってしまう。
そんな透を支えるために、粉骨砕身するありす。
しかし慣れぬ街での過労がたたり、ありすは倒れてしまう。

幸い大事はなかったものの
自らの愚かさを反省した透は夏葉を目覚めさせるため
そしてありすを自分の手で支えるため
医師になるための勉強に全力を尽くすようになる。

互いに支え合い、苦労は多いけれども、幸せな、とても充実した日々。
それは不意に、ひとりの少女――
ひめみや流開祖・星辰ひめみやの来訪によって崩される。

“生者として活動するためには、他人の時間を前借しなくてはならない”

透とありすをフォローするため
犀玉にまでやって来てくれたご開祖は
しかしその特質のためありすの時間を大幅に前借りしてしまった。
少女に変わり、今までの記憶も失ってしまったありす。
ありすを元に戻す方法を問い詰める透に、ご開祖は答える。
前借りを精算するためには
ご開祖の代理人たる男
――すなわち、沢井透の “精” を注ぎ込むことが必要なのだ―― と。

●夏葉 After Plus 「七つの夏のはざまたち」

透と結ばれたことにより御留水が抜け、小さな身体に戻った夏葉。

しかし夏葉に未だわずかに残る御留水の安定を図るため
透は夏葉といちゃいちゃあまあまな日々を送るよう心する。

その甲斐あって本来の成長度に再び戻った夏葉は
IAGS完治を目指し、犀玉にて入院生活を送ることに。

慣れぬ入院生活で夏葉が不安にならないように
勉強・研究と並行して出来る限りを尽くし続ける透。

そして時が流れ、夏葉に自宅療養の許可が与えられる。
かつてはあたりまえだった犀玉のアパートでの兄と二人きりの暮らし。
しかし病を経て、また恋人関係になったことにより
それはより濃密で幸せなものへと変化していく。
巡り来る一つの夏のたび、透と夏葉は肌を
心を重ね合い、絆を 愛を深めていく。
そして迎える七つ目の夏。
透は、夏葉は―― 求め続け、望み続けた嬉しい知らせを耳にする。

●飛車角 プレストーリー 「飛車角、雨あがり」

時は幕末。 人間にとっての動乱期はまた
妖にとっての動乱期でもある。

芸州妖怪の大立者、悪五郎の依頼を受けた傘妖・飛車角は
出雲へ人を喰らうという “のうま” なる妖怪を退治するための旅に出る。
「おらぁ……まだ、死にたぐね」 「!!?」
妖を見事退治した飛車角の耳に飛び込んでくる、か細い悲鳴。
慌てて駆け出し見たものは、カミと思しき存在が
みすぼらしい身なりの少女を追い詰めている姿であった。

思わず少女を庇う飛車角だが、少女はツミ・トガ・ケガレの権化。
その力により飛車角の骨は
傘は見る間に焼け焦げ、腐り落ちていく。

しかし、傘たる性は守る性。 己の身の崩れることも厭わずに
飛車角は少女を守り続ける。
「……ほうたら、その子ぉ、傘妖はんに預けますけぇ。
 どーせ、同じことになりますよって」
“いづものみこ” と名乗ったそのカミは飛車角の傷を癒し
少女のツミ・トガ・ケガレを封じる結界までを成して去っていく。

こうして共になった飛車角と少女。
飛車角は自身の名前が将棋になぞらえたものであることから
少女の名前を王が動けなくなる “つみ” から取って名付けることに。

共に不器用なふたりはしかし、ちぐはぐながらも
幸せな暮らしを送り始める。
が―― 飛車角はすぐに思い知らされることになる。
「おなじことになる」 と
いづものみこ が言い放った……その真意を。

~簡易評価表~

システムとかBGM SS
BGMやCGの枚数がとにかく多い!
BGMも良曲そろいです

ボリューム SS
前作を含めるとすごいボリュームに!

シナリオ・設定・世界観 S
すごく引き込まれます

テキストの読みやすさ A

全体の印象 S 

Hシーン SS 
数よし、質よし、エロスよし。
OP&ED&挿入歌 S 

各ルート
ありす
AA あなたは私が支えます

共通06d/差分01/ありす眉02/ありす口05/ありす目01

ありす√ではありますが
メインは夏葉の治療です

夏葉を治そうと脇目もふらず
突き進む主人公を支えるありす

ひめみや様がここ最近のものべのの
異変は夏葉が関係しているのではないかと
探り始めます

主人公はものべのを脱出することを決意
ありすもそれについていくことを決意します

というところで終わっちゃうんですよね
本当に簡単にまとめただけですけど

途中の土砂崩れエピソードがとても
心にくるシーンで多くのことを学べました

これはアフターが必須ですね
このあとが気になりすぎます

ありすアフター
S ご開祖ちゃんと二人、そして7年の時を経て…

123.png
ものべのから無事脱出したものの
あの時から夏葉は眠り続けたまま
そしてお金も底を尽きかけ
ありすはバイトを探しに行きます
ありすに負担をかけすぎかと主人公は
自問自答し自己嫌悪
そんな時ありすが倒れたと連絡が入ります

南雲教授が夏葉を診てくれることに
しかも秘書見習いとして雇ってくれることに

ひめみや流の開祖の突然の来訪
ご開祖ちゃんが時間を前借りしちゃって
小さくなってしまったありす
開祖「今回のことはあのだめみやのせいっす」
開祖「主人公は巻き込まれただけっす」

主人公「ありすどうやったら戻せます?」
開祖「セクロスしたら戻るから安心するっす!」サムズアップ!
主人公「したけどもどらないよ…?」
開祖「いやー、足りてないみたいっす」
主人公「やっと元に戻った…」
開祖「次はものべのの前借りした人よろしくっす!」
主人公「oh…」

終盤に向けて感動が高まるシナリオ
このアフター込みで幸せなエンドですね

ご開祖ちゃんのポジションが切ない
ちゃんと救済が用意されてるので
いちゃこらできますけどね!

すみ
SS すみと主人公の二人三脚で歩む道

sumi.png

主人公に呼ばれてものべのにきた、すみ

すみはひめみや様が怪しいと
主人公の父も生前、なにか
思うところがあったようだとすみは言う

厳じぃ「時喰みを疑うんやったら七面頬に会ってこい」
主人公「会えるんですか?」
厳じぃ「わしはあったことないがの」

自分が妖怪であることを
気にしているすみ
すみ「妖怪ゆえ、人と結ばれることは…」
主人公「そんなの関係ない」
そうして結ばれる主人公とすみ

それを見た夏葉はさらに
異常成長が進んでしまいます

同時にものべのに人と共存できないはずの
妖怪たちが出現します

ひめみや様と協力し
事態の沈静化を目指す主人公たち

重要なキーワードは御留水ですかね

ここからクライマックス
一瞬も目を離せない展開です

すみの考えはすごい
確かに急速成長をそう使えれば…
老化CGは心が痛む…

すみアフター
SSS 数多くの縁と、その集まる場所へ

sumisumi.png

あれから七年が過ぎて
主人公とすみの間には
えみという娘が誕生していました
えみちゃんおてんば

このえみちゃん半妖であるため
ものべのに見えず触れずに重なっている
妖怪たちの住むものべのとの境の穴を
見ることができます

夏葉を治す手がかりがあるかもしれないと
主人公一家はそこにいくものの
ボケはじめた飛車角の一言により
臨戦状態に。一度ものべのに戻り体制を整え
情報のためにもう一度向こうのものべのへ

大天狗との交渉で人と妖の間の溝を知り
吃人蚊の襲来により、多数の怪我を出し
雲行きの怪しい向こうのものべの探索
それでもやっと向こうのものべのの
滝番に会うことができ…
そうして知る数多くの情報

主人公たちは無事に夏葉を戻すことができるのでしょうか?

これはあかんで…飛車角……
一番力入ってるんじゃないでしょうか…

夏葉
SS みんなで頑張ろう?ね?お兄ちゃん!

natuha.png

序盤は共通√の夏葉目線です
夏葉いろいろ考えてるんですね
そして大きくなる夏葉

ひたすら夏葉につきっきりな主人公
IAGSの治療をしつつ
時喰みの可能性を探ります

考えることはたくさんあるけど
それでも健気に元気に夏葉は生活します
主人公・夏葉・ありす・すみ・飛車角、
そして、ものべのに住む人、妖怪
いろんな人に力を借りて
一歩ずつ進んでいきます

明らかになる主人公の出生の秘密と御留水の存在
夏葉の想い・兄妹ということの葛藤
どうなるんですかね…

夏葉アフター
SS 二人三脚、またものべのに帰れる日まで

natunatu.png

主人公と結ばれ御留水が抜けた夏葉
しかし、主人公が井戸に落ちかけ
ショックでまたも異常成長をしていまいます
主人公「夏葉の体内にまだ御留水が残っている…?」
ひめみや「夏葉を安定させたいなら乙女心をわかれ」

一度犀玉に戻りIAGSの治療をすることに
だめみや「送別会じゃあああああああああああ」
だめみや「教授が学会でがっかり」…………oh。

入院生活も順調に過ごし院内発表も終わり
外出許可も少しずつ出るようになり
夢のいちゃこら生活

そしていざ…病気を克服し――ものべのへ

飛車角ストーリー
S 男の中の男、飛車角、約束のストーリー

1234.png

飛車角の過去の話です
飛車角かっこよすぎる

呪いの儀式に失敗し
罪・咎・穢の固まりを
残されてしまった少女を
助けるところから始まります

その少女をつみと名づけます
罪・咎・穢を外に出すわけにはいかず
いづものみこの結界の中で暮らすつみと飛車角
いつからか、つみには飛車角への恋心が…

果たしてつみの恋心は実を結ぶのでしょうか

全体まとめ
全編を通して飛車角が男前すぎます。惚れる

さすがロリゲーとも言うべき作品ですね
ひたすらロリロリロリロリ…ごちそうさまでした
何が良かったかというと目とか口とかよく動くんですよね
それがあったから世界に入りやすかったのかなぁ…
あ、あと服のバリエーションも多かったですね

すみアフターが尋常じゃなく泣けます。
一番力入ってたんじゃないでしょうかね
現段階で最高得点を叩き出しました
前作だけでも今作だけでも評価は高そうですが
両方を合わせて完全版!
評価点
97点

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:なぉちょむ☆
ただのエロゲーマー

同人サークルにてシナリオ担当しています。
シナリオは全然ですが…

舞亜♪
Twitter
ブログランキング
なんとなく参加!ポチッとしちゃってください♪
【18禁】ギャルゲー・攻略ブログ
見に来てくださった人の数
ようこそ!なぉの二次元物語へ!
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。